上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
二次元、熱く語ります!

長いので畳んでる(笑)↓↓↓



クスリと中絶は一度もやったことはないです。
てくらいの
汚れた大人ですが皆さんどうもネコムです(´ω`)


ですが
「二次元」には本気ですよ!


かつて愛した(真面目に言うw)記憶があるのは
鋼の錬金術師のエドワード・エルリック

ONEPIECEのルフィ、
NARUTOのサスケですね。


公共のエレベーターで
「何階ですか?」と聞かれ
上の空で


「あ、サスケです」 

応えた事があるのはNARUTO同人界では有名な話です(爆笑)



漫画を読む上での解釈は人それぞれで
正しいも間違いもない、


偉そうに語っても全て妄想。


本物は作者の頭の中にだけ、実在するのです。


私は主にNARUTOの考察感想でブロガーやってましたが


そこで得た感情は

共感、
作品への共感、同人ヘの共感

読んで悦る

ということですね。



同じ悲しみ痛みは分かる事はできないけれど

分かち合うことは出来るし
一緒に苦しむことは出来る

人と分かち合うことで、喜びも悲しみも
大きく変わります。

悲しい現実も
自分も第三者も受け止めて
苦しみ耐え忍ばなければならない。

ファンタジーななぐさめは
現実から目を背けることになるのです。



新興宗教には救われませんが
二次元には救われますw



二次元キャラに恋をするということはですね
リアルの恋愛と違うところは勿論
いくつかあるのだけれど
恋愛はもともと、幻想がベースであって
相手に幻想抱いてないと恋には落ちない。
本当の?相手の姿を知らないまま、好きになっている。
そんなもんです。
幻想がないと恋に落ちないけれど
本当の相手を知らないと、上手くいかないという矛盾が
リアルの恋愛だと思うので
自分の心の中で起こっていることは
現実も二次元も共通なんですよね。



ただ、キャラクターに対して、キャーと
萌えもえしてるだけではないんです勿論。


テンション上がるってこういうこと言うんだ。



ハガレン二期アニメのクオリティは高い。
プロの技です。
本誌のテーマをきっちり踏まえて、原作準拠に
個性的にいい具合に作られてる。
原作を愛してる人にしか分からない、
絶妙なバランスがプロですね。


同じ作品、キャラを愛する人たちとの
共感は
レベルが高すぎて
あの世界に一度足を踏み入れてしまうと
どこまでも上がある才能というやつに目がくらんで
いつも自分はミジンコに見えますw

雲の上だったと思っていた
漫画やアニメの世界
「作り出している側の製作の人たち」は
普通の一般人です。
神のような存在だったとしても
ボッチだったり
自分と同じようなことを日々考えていたり
するのです。
前に、バトンを回しあったり、絵茶室で何度か一緒したり
ついったで日々日常生活を絡んでたりするので分かりますw




二次元はそこにある。





歪んだ解釈ですいませんw

03/16|独り言||TOP↑
プロフィール

D★

Author:D★
見に来てくれてありがとう!!
後姿ただし2年前(笑)
本館はコチラ
詳しいプロフはコチラ

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。