上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
file285
花粉と汚染怖いです

『共感と認められる幸せの進化』

って書いたんですが、長いから畳みました
↓↓↓↓↓↓

「いただけるコメントと閲覧数」

に喜びを感じ、
「ネット上で認めてもらえる幸せ」
という人の進化のしかたには、自分は共感と疑問の両方あるんです。
話せば長くなるんですけどねww


若者、もっと夢を見ようよ、

っておじいちゃんみたいなこと真面目に思います。
小さな喜びを幸せと感じるのは今の日本人若い世代の傾向というか進化らしい。

大きな家も望まない、ある程度の空間で十分、車もなくてもいい、
社員は縛られる感じがいやでフリーでバイトetc…

…という人が増えている、という話もあるのですが
ちょっとこれは置いといて、


ネット上で他人から共感されたり
認められたりすることが
その人にとって何よりも大切なこと


で、
これは進化した日本人の形で、
それに疑問をもつのは、むしろこの流れに対応しきれてない、ということ、という
ま。テレビでやってたんですけどね。
これには同意できるところとできないところがあって難しいなぁ。


ニコニコに「踊ってみた」を投稿し
そこにのみ、生き甲斐を見出してる女の子二十歳のことをやっててさ。

ま、完全ニートはおいといて、
この人たち、ちゃんと働いてるんですよ。
ただ、社員はイヤだからバイトで。
今が楽しいから、先のことは何も考えてなくて。
若い頃ってそういうもんかもしれないね。

共感もあるんだけど、疑問がある、っていうのは、


経済破綻のカウントダウン、とか
向上心の退化とか
否定できないじゃないか、って思うからです。
それもまぁちょと置いといて(またかよw)


私の場合は、紆余曲折あったんだけど、
自分の言いたいことや描いた絵や作品を

「このネット上に公開した時点で満足」

なのかもしれない。
これが一番「おっ!アタシもそれだ!」と思える。


情報を発信して、その閲覧数がある程度答えだと感じてしまうから。

交流も大好きだし、深い交流させてもらってるお友達もたくさんいる。
だけど、
顔も知らない絡んだこともない誰かも分からないのに、
毎日のように訪問してくれる人もいる。
「お友達」なのについったでしか会わない人もいる。

だって、自分だってそうなんです。

一度も話しかけたことないけど
日参してるサイトさんもあるし。

共感コメントもすごいありがたいし嬉しいんだけど、
必ずしも同意して欲しいわけじゃないんだ。

たまたま通りかかって、

「なんじゃこのブログ…考えすぎチャクラアイタタタt」でもいい。

自分の自己満足をネット上に発信して、不特定多数の人に見てもらえたら、

っていうのが今自分がやってて楽しいことかなぁ。
だから検索よけサイトじゃなくて一般ブログなんです。
一日、千人以上が通りかかってくれるし、
コメ欄ないし←ww


・・・・・・・・・・・

ちょっとそれますが

この社会に生まれたからには、一員だという自覚は絶対に必要だと思うんですよ。

それでこそ、「共感」を求めていいんじゃないかと。
成人したら選挙にはいくべきだし、
働くべき。(専業主婦も立派なおしごとです!)
自分勝手な理由だったら子孫増やしたほうがいいとも思う。

私は、

「引き篭もり一歩手前&リア充」



「完全引き篭もり」

のどちらも知人にいますが

自分自身は

引き篭もりとリア充同時進行な人です。
(両方兼ね備えてるヘンな奴www)

だから引き篭もってしまう過程もよくわかる。(共感ではない)

人間、どこまでも堕落するのは早いです。
言い訳つけて甘ったれます。
それは進化ではなく退化。

住んでる国の経済が大赤字なのに幸せを感じて
国に保障を多く期待するとか
向上することを止めてしまうとか
自分だけは、楽しみのために子孫増やさないとか

それは退化だと思う。


ネットだけの関係なんて薄っぺらくてクソくらえ、と思いきや
リアルの人間関係も似たようなとこあるんですよね。
だけど、
実際の人との係わりを断てば断つほど、
屈折していきますよ。
家から出なきゃならないと思う。

もっと、人と実際触れ合って、話して、興奮して、そこから無意識に逃げようとするのが一番反対ですね。




03/09|イラスト(ほぼNARUTO)日記||TOP↑
プロフィール

D★

Author:D★
見に来てくれてありがとう!!
後姿ただし2年前(笑)
本館はコチラ
詳しいプロフはコチラ

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。